主なカテゴリ
  • トップ
  • ゴリラ脱毛5つの特長
  • 照射部位一覧
  • よくある質問と回答集
  • クリニック案内
  • メニュー・料金表
  • キャンペーン
  • 無料 カウンセリング予約

メンズ脱毛【足(脚)】鈴木卓史さん(1回目)脱毛体験を動画で紹介

完全公開! 体験レポート「全身」の完全脱毛

施術【初回】 2015年5月13日

本気で剃ると1時間半以上かかるので
面倒だなと思うことはしょっちゅうでした

今回のゴリラ脱毛の舞台はゴリラクリニック池袋院。 脱毛モニター鈴木卓史さんによる『太もも』『ひざ』『ひざ下』脱毛1回目の体験レポートです。埼玉県でサイクルショップを経営する鈴木さんは、自ら自転車競技イベントなどに出場するサイクリストでもあります。

→鈴木さんが脚全体を脱毛しようと思ったきっかけですが、サイクリストの方は皆さん脚の毛を剃るんですか?

「はい。サイクリストの間では脚の毛を剃るのがエチケットになっていて、剃っていない人は初心者扱いされます。理由は諸説あって、よく言われているのは空気抵抗が少ない、ケガした際に消毒しやすい、プロの世界だとマッサージしやすいということですが、もっとも大きな理由は見た目の問題です。プロのサイクリストはマッサージクリームを脚に塗るんですが、オイルなので脚の毛を剃っていると筋肉の筋などがキレイに光って見えるわけです。僕も冬の場合は剃りませんが、夏になると脚を露出するので剃ります。ただ、本気で剃ると1時間半以上かかってしまうんです。まず、カミソリの刃に毛が詰まります。1回剃ったらシャワーでその毛をなくして、また剃って、を繰り返します。風呂場だと排水口に毛が詰まってしまうし、血は出てくるし、面倒くさいって思うことはしょっちゅうです。」

「サイクリストは脚の手入れが中途半端だと恥ずかしいんです。」

→いよいよこれから全5回の脚脱毛モニター体験、その最初の施術になります。意気込みを教えてください。

「脱毛についてのイメージは、『女性だけのもので男性は関係ないだろう』と。だから今まで検討はしませんでした。でも、今回の脱毛モニターのお話をいただいたとき、思ったのは『脚の毛を剃らなくてよくなるので楽になるだろうな』ということ。その時間を他のことに使えるだろうし、とても助かると思います。だから施術にはとても期待しています。不安なのは痛みだけですね(笑)」

「今回の施術の手順は、まず笑気ガス麻酔を導入。その後、脱毛箇所に赤ペンで書き込んだ照射領域をレーザーで丁寧に照射します。最後にクリームを塗って終了という流れです。」(担当ドクターのお話)

「施術中はアイマスクをしていたので、見えてない感覚だと脚に吸盤をくっつけられたような痕が残ってるのかなと思ってました。後で見たら全然残ってなくて自然な感じだったので、医学の進歩にはビックリです(笑)」

  • 「麻酔があるので
    不安はなかったです。」
  • 「でも麻酔がないとつらい
    でしょうね(笑)」

「痛みは、結構チクチクしました。ひざから下、ももの裏側のふくらはぎが結構チクチク度が高いですね。最初、太ももをレーザー照射されている間は、想像や 『脱毛座談会』で聞いていたのと比べて、『みんな痛みに弱いな』と思っていたんですが、だんだん現実が分かってきて、なるほどこういうことかと(笑)。笑気ガス麻酔があって良かったです。痛みを感じた瞬間、笑気ガス麻酔を鼻から吸い込むと緩和されて楽になりました。」

「脚全体」施術1回目を終えて

「次回の施術の間にどれだけ毛が抜けるか楽しみです。先日の『脱毛座談会』で、デザインヒゲ脱毛の卒業生である山下さんが『ポロポロ毛が抜ける』と話しておられたので。それと、施術後に先生が『20%は脱毛した』とおっしゃったので、20%ってどれぐらいかを確かめたいですね。日焼けすると痛みが増すそうなので、自転車にも日焼け防止用カバーをつけて日焼けしないような対策をバッチリして、また次回の施術に臨みたいと思います。」

「周りには『脱毛したら触らせてあげるね』と言ってます(笑)」

施術前 - before -