全国のクリニック案内

主なカテゴリ
  • トップ
  • ゴリラ脱毛5つの特長
  • 照射部位一覧
  • よくある質問と回答集
  • クリニック案内
  • メニュー・料金表
  • キャンペーン
  • 無料 カウンセリング予約

メンズ脱毛【全身・肛門(けつ毛)】アンジャッシュ児嶋さん(2回目)脱毛体験を動画で紹介

完全公開! 体験レポート「全身」の完全脱毛

施術【2回目】 2015年9月7日

今までの人生を振り返ったときに
やっぱり不衛生なんですよね

今回のゴリラ脱毛の舞台はゴリラクリニック新宿院。
脱毛モニター・アンジャッシュ児嶋 一哉さんによる『全身脱毛コース』のVライン脱毛・初回の体験レポートです。

→肛門脱毛を決意したきっかけは何だったんですか?

「このゴリラクリニックで肛門脱毛をやっていると事務所の後輩の柴田(アンタッチャブル柴田さん)に聞いたのが最初で。 “え? 肛門やるの?”って最初は思ってましたけど。よく考えると“そうか”と思って。確かに自分の今までの、肛門に毛がある人生を振り返ったときに、やっぱり不衛生なんですよね。めちゃくちゃ、汚らしい。やっぱり、便をしたときに付くんですよ、毛に。拭ききれてなかったりすること、よくあるんですよ。ケツ毛がある人は覚えがあると思います。他人のは見たことないのでわかりませんけど、僕は結構毛の量があるんで。で、改めて柴田に肛門脱毛のことを尋ねてみると、“衛生的に絶対いいですよ”って話で。確かにそうだろうなと。」

(プロダクション人力舎所属タレント 児嶋 一哉さん・43歳)

「最初は『肛門脱毛?』という感じでした。」

→なんでも、ご自分でケツ毛を剃ってみたとか。

「一応、ここ来るので、シェーバーで剃ってみたんです。もし、そのとき嫁が部屋に入ってきて、その姿を見られたらどうしようという不安はありましたけど(笑)。最初、ざっくり剃って落ちた毛を見ると、まあまあ量あるなと。その後、髭剃り(安全カミソリ)でやって、これ後で顔もやるんだよなと思いながらやっちゃいましたけど(笑)。まあ、こういう芸人の仕事をしていて、体の毛は見せる機会はあるけど肛門の毛はないと思うんで、動機としては完全にプライベートな、衛生面の問題ですよね。わずらわしい肛門の毛がなくなって、きれいな日常生活を送れるわけですから、多少の痛みは、たいしたことじゃないという思い切りで、これからの施術に臨みたいと思います。」

「笑気麻酔をする際に目隠しするので、何が行われるか不安なんですが、先生が“やりますよー”とか、“今はまだ準備中で”とか、細かい状況をていねいに教えてくれるので安心感がありました。」

「時間的には、まあ、やっちまえばあっという間でしたね。むしろやるまでが不安で長く感じられましたけど。そこはさすが、クリニックなので、きちんとされているなと思いました。」

Vライン脱毛、初回施術を終えて

「ももの付け根などの、皮膚が柔らかいところに照射されると痛いですね。肛門周りは正直、あんまりよくわかんない間に終わった感じです。シャッシャッシャッという感じで“なんかやってんな”というのはわかるけど。そこまで耐えられない痛さではない。ただそれも、笑気麻酔をやっていたからかなり緩和されているんじゃないかと。それがなかったらつらいかもしれないですね。」

「これでキレイになるなら、多少の痛みはしょうがないでしょう。」

「僕の肛門の毛はボウボウだったんですけど、これから肛門に毛がない生活を過ごす生活を過ごすわけなんで、どれぐらい快適なのか、衛生的なのかを楽しみにしています。これから肛門脱毛をしようかなと考えている方には、“痛いです” と言いたいですね。でも、“結構痛いぞ” と思って来たら、“あれ? そうでもねえじゃん”ぐらいの感じかもしれないです。かと言って、これ聞いて安心して来ちゃうと痛いかも(笑)。ま、難しいとこですけど、“すげえ痛いぞ”と思って来たら、大丈夫です。後は何も考えなくて。確かに少しは痛いですけど、この痛みを乗り越えれば、毛がない、清潔でさわやかな生活が待ってる、てことなんじゃないでしょうか。」

【PR】最新の蓄熱式脱毛機メディオスターNeXTは麻酔要らずの快適脱毛

施術前 - before -